■モニタの調整方法について(Mac-OS編)
EyeOneの様な計測機器が無くとも、無料や標準でついているソフトで、ある程度までの調整は可能です。
是非、一度お試しください。
 
モニタの調整のことを「(モニタの)キャリブレーション」と云い、校正すると云う意味になります。
要するに基準を決める行為で、何を基準とするかは、業界などによって異なりますが、インクジェット出力(印刷等も含む)では、D65程度の色温度(D50の場合も多い)とガンマ2.2が主流ではないかと思います。(ガンマは未だ1.8のところも多いですが。。。)
 
モニタの調整で必要なソフトで有名なものは、AdobePhotoshopに付属していた「AdobeGamma」。Appleであれば標準のColorも使えます。
(それぞれを起動していただければ、ウィザード形式で簡単に調整が可能だと思います。)
上記のようなツールであっても、ある程度の色あわせは可能です。(少なくとも何もしないよりは数段良くなると思います。)
と、云う事で、ここではシステム環境設定内のディスプレイによるセッティングをご紹介しておきます。
Step1
システム環境設定を開き、ディスプレイをクリックします。
 Max-OS_キャリブレーション_step01
Step2
続いて、上部にある「カラー」をクリックします。
 Max-OS_キャリブレーション_step02
さらに右下ある「補正」ボタンをクリックします。
Step3
キャリブレータ・アシスタントが起動します。
 Max-OS_キャリブレーション_step03
詳細モードにチェックをして、「続ける」のボタンをクリックします。
Step4
さて、ここからが本番です。
 Max-OS_キャリブレーション_step04
右側のつまみで、輝度を調整し、左側でリンゴマークがバックと一体化するよう調整します。
「目を細めて眺めると云う」ちょっとしたコツで非常に分かりやすくなります。
続いて、「続ける」をクリックすると。。。
 Max-OS_キャリブレーション_step05
同じような画面が出ますので、それも同じように進めてゆきます。
この工程がもう三回続きます。
  Max-OS_キャリブレーション_step06
Step5
ようやく違う画面になりました。
 Max-OS_キャリブレーション_step07
弊社では、ガンマ値を2.2にしていますので、PC標準の2.2にセットします。
Step6
続いて、ホワイトポイントはD65(6,500K)に。
  Max-OS_キャリブレーション_step08
「続ける」をクリックします。
Step7
さあ、最後の画面にやってきました。
 Max-OS_キャリブレーション_step09
上記のチェックはお好みでどうぞ。
 Max-OS_キャリブレーション_step10
プロファイルに名前を付け、「続ける」をクリックします。
 Max-OS_キャリブレーション_step11
測定結果が表示され、「完了」ボタンをクリックして完了します。
お疲れ様でした。

お気軽にお問い合わせください。050-3631-8876営業時間 10:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。